YouTubeチャンネル登録者2.7万人♥ レシピ動画

割れない・しぼまない!完璧な台湾カステラを作る3つのコツ

台灣カステラを切る
もりりか

お菓子作りユーチューバーのMoriRicca(もりりか)です。

「台湾カステラを焼くと、表面が割れてしまう…」

「割れないきれいな表面の台湾カステラが焼きたい!」

「焼き立ては膨らんでいるのに、すぐにしぼんでしまう」

そんなあなたに、台湾カステラを上手に作る3つのコツをお伝えします!

もくじ

もりりかが作った台湾カステラ

まずは、私が実際に作った台湾カステラをご覧ください♪

つるんっときれいな台湾カステラ
カットしたしぼまない台湾カステラ
カットしてもしぼみません
しぼまない台湾カステラ
手で押しても潰れません

どうでしょう?こんな台湾カステラが焼けたらうれしいですよね😊

Instagramでもたくさんの方が私のレシピで上手に焼いてくださっています♪

台湾カステラのコツ3点

1.メレンゲは柔らかめに仕上げる

メレンゲの固さは、台湾カステラの膨らみに影響します。

  • 柔らかすぎるメレンゲだと、膨らませる力が足りず、しぼむ原因になります。
  • 硬すぎるメレンゲは、膨らませる力が強すぎて表面が割れる原因になります。

丁度いい固さを確かめるコツは、泡立て器でメレンゲをすくったときに、メレンゲの角の先がお辞儀をする固さが目安です。ピンっとしっかり立つようなメレンゲは泡立てすぎ。

もう1点、メレンゲを作るときに入れる砂糖は、最初に全部入れます。最初に全部の砂糖を加えることで、泡立ち過ぎを防ぐことができるのと、目の細かいメレンゲに仕上がります。

2.お湯はたくさん使う

台灣カステラをバッドに乗せてお湯をたくさん注ぐ

天板にお湯を張ってもいいですか?

という質問をいただくことがありますが、これはNGです。

天板にうす〜くだと、側面からの火の通りが良すぎて表面が割れる原因になります。

なるべく型の側面をお湯で覆うことができるように、深さのあるバットに入れてお湯をたくさん使ってください。

お湯の温度はあまり意識したことはないですが、湯沸かし器で沸かしたてのお湯を使っています。

3.上火強め、下火弱めを意識して

台灣カステラをオーヤマくんで焼く

台湾カステラを割らない焼き方は、上火で表面を焼き固めつつ、下火は弱めでじっくり膨らませていくというイメージです。

オーブン庫内でも温度差があるので、下火が強めのオーブンだったら上の段で焼いたり、天板を2枚重ねてみたりして上のイメージを意識して工夫してみてください。

また、庫内の温度は実測で130〜140℃の間をキープして焼いています。温度が10℃高いだけでも割れる原因になりますので繊細です…💦

逆に、温度が高すぎて表面が焦げてきた!から早めに取り出した。
っていう場合は、中が生焼けでしぼむ原因になるかなと思います。

お菓子作りの失敗の原因がわかりやすくなるので、オーブン温度計を使うことを強くおすすめします!

私はアイリスオーヤマのコンベクションオーブンを使って焼いていますが、このオーブンは台湾カステラとかスフレ系のものが上手く焼けるようです。8000円くらいから買える高機能なトースターのような商品なので、トースター買い換えようと思ってた!という方にもオススメです。

台湾カステラのレシピ

台灣カステラのレシピ・作り方はこちらのページをご覧ください。

台灣カステラを切る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

上へ
もくじ
閉じる